物流ノウハウを凝縮した物流遊園地=ロジスティクス・ワンダーランド

トラスコ中山株式会社 プラネット埼玉 様

導入効果:大型ソリューション
導入システム・製品:大規模ソリューション
業種:通販・卸売・小売

導入効果
  • 最新マテハン機器で自動化を図り、作業人員を50%削減
直吉 秀樹様

取締役 物流本部長

直吉 秀樹様

50万アイテムが在庫可能な最新物流拠点

機械工具の卸売商として1959年に創業したトラスコ中山様。「在庫があるから売れる」という経営者の考えのもと、在庫を徹底的に自社で抱え、他では手に入らない商品を揃えることに注力するとともに、在庫ヒット率を上げる、言い換えれば、お客様に即納することを最重要視した経営戦略を実行しています。
「日本のモノづくりを応援するのが当社の使命です。だからこそ、まだ当社で取り扱っていない商品の問い合わせがあった場合はリスト化し、問い合わせが多い順に仕入先を開拓して取扱商品を増やしています」と話すのは取締役 物流本部長の直吉様。
トラスコ中山様は創業60年を迎えた2018年に、全国で17ヵ所目の大型物流センター「プラネット埼玉」を開設しました。地上4階建て、延床面積1万2,915坪の規模を誇り、万が一の災害時にも決して物流を止めずに供給責任を果たすという決意のもと、地下には建物全体を支える免震設備も装備しています。
プラネット埼玉は、稼動開始時に約34万アイテムの在庫を保有し、2023年12月末には52万アイテムを目指しています。「日本で一番大きな工具箱をつくるんだという思いで、“物流遊園地=ロジスティクス・ワンダーランド”をコンセプトに当社では初めてマテハン機器の設置、稼動を前提に設計した物流センターです」と直吉様。

人と機械の調和で徹底した効率化

プラネット埼玉の特徴は、最新のマテハン機器を駆使し、可能な限り自動化を図っていることです。たとえば出荷の際、小・中物については1階のバケット用自動倉庫からピッキングされたり、2階や3階などから出荷用バケットで搬送。出荷単位の荷物が揃ったところで仕分け装置エリアに出庫されます。大物については4階のパレット用自動倉庫から出庫されます。「徹底して自動化を図ることで、人員は通常の物流センターの半分以下に抑えることができました」と直吉様は成果について語ります。
こうした自動化、効率化を追求した物流センターを実現するために、トラスコ中山様がパートナーに選んだのがトヨタL&Fです。その理由について、直吉様は「機械化の経験や知見が乏しい当社の要望を聞き、それをただ形にするだけでは物足りません。トヨタL&Fさんは物流エンジニアリングに関する豊富なノウハウを持っており、積極的な提案はもちろんのこと、一緒により良いものをつくりたいという志があふれていました」とのこと。
さらに今後について、「日進月歩で開発が進む物流の自動化技術や最新機器の情報を、グローバルカンパニーであるトヨタL&Fさんからいち早く提供していただき、当社も日本のパイオニアを目指していきたいと考えています」と直吉様は語られました。

最新マテハン機器を駆使し、入荷から出荷までの作業プロセスの自動化・効率化を実現。