HOME>安全・サポート>運転技能講習

運転技能講習

フォークリフトの運転には、運転技能講習の受講や特別教育を受講するなど、運転資格の取得が必要になります。

運転技能講習

最大荷重1t以上のフォークリフト / 最大荷重1t未満のフォークリフト

※ 運転技能講習・特別教育は18歳から受講可能。また、自動車免許(普通・大型・大特など)を取得している場合は、講習の一部を免除されることがあります。

車両区分と運転資格

フォークリフトの運転技能講習や特別教育を受講し修了した場合の運転資格は、構内作業における運転資格です。
公道を走行する場合は、種類に応じて普通免許や大型特殊免許などが別途必要になります。

1.道路運送車両法関係による車両区分

フォークリフトやショベルは、車両寸法、最高速度によって「小型特殊自動車」「大型特殊自動車」に分類され、税金の種類や登録手続、必要とする運転免許が異なります。

  小型特殊自動車 大型特殊自動車(※2)

全長 4.7m以下
全幅 1.7m以下
全高 2.0m以下

但し、ヘッドガード等を備えた自動車においては、ヘッドガード等の高さが2.8m以下であれば可(※1)

全長 4.7m以下
全幅 1.7m以下
全高 2.8m以下

全長 制限なし
全幅 制限なし
全高 制限なし

最高速度 15km/h以下
総排気量 制限なし

最高速度 15km/h以下
総排気量 制限なし

最高速度 制限なし
総排気量 制限なし

公道走行 する しない する しない する しない
地方税 軽自動車税 固定資産税
No.プレート申請 市町村役場(課税標識) 車検場
(持ち込み)
(登録番号票)
不要
車検 不要 必要 不要
自賠責保険 必要 任意 必要 任意 必要 任意
運転資格 構内作業 フォークリフト運転技能講習の修了 または、フォークリフト運転業務特別教育の修了
公道走行

小型特殊免許
普通免許
大型特殊免許

-

大型特殊免許

-

大型特殊免許

-

「小型特殊自動車」は、公道走行しない場合でも緑のナンバー(課税標識)を市町村役場に申請し、軽自動車税を納付する必要があります。

公道走行する場合は必ず自賠責保険に加入してください。
荷を積んでの公道走行はできません。フォークリフトはけん引しての公道走行もできません。
公道上での作業は、所轄警察署の許可が必要です。

  1. ※1 ヘッドガード等とは、ヘッドガード、安全キャブ、安全フレームなど運転席の周囲に取り付けることにより転倒時等における運転者の安全性を向上させるための装置。
  2. ※2 「大型特殊自動車」において公道走行する場合、全長12m、全幅2.5m、全高3.8mを超える車両は、基準緩和が必要となります。

2.労働安全衛生法の適用を受ける作業をするときの運転資格

(1)フォークリフト

種別 最大荷重が1.0トン未満の車両 最大荷重が1.0トン以上の車両
労働安全衛生法
(構内作業)
フォークリフト運転技能講習修了者、又は、
フォークリフト運転の業務に係る特別教育修了者
フォークリフト運転技能講習修了者

(2)ショベルローダ、フォークローダ

種別 最大荷重が1.0トン未満の車両 最大荷重が1.0トン以上の車両
労働安全衛生法
(構内作業)
ショベルローダ等運転技能講習修了者、又は、
ショベルローダ等運転の業務に係る特別教育修了者
ショベルローダ等運転技能講習修了者

(3)トラクターショベル(商品名:ジョブファイター、ジョブサン)

種別 機体重量(※)が3トン未満の車両 機体重量(※)が3トン以上の車両
労働安全衛生法
(構内作業)
車両系建設機械運転技能講習修了者、又は、
小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育修了者
車両系建設機械運転技能講習修了者

機体重量:車両系建設機械から作業装置等を除いた乾燥重量をいう。

カタログのご請求 カタログをご希望の方は、こちらからお申し込みください。カタログに関してのご質問も承ります。

カタログ請求・カタログに関してのお問い合わせ

販売店の検索はこちら

販売店検索

ページの先頭