最適機器と現場改善の提案により保管効率と作業効率が向上

有限会社中村家 様

導入効果:作業効率向上、保管効率向上、在庫管理精度向上
導入システム・製品:保管システム
業種:食品・飲料

導入効果
  • 移動ラック導入により保管量が約3倍に増加
  • 倉庫を一つに集約することで、倉庫の貸借コスト・人件費を削減
  • ロケーション管理導入により商品を探す時間が削減でき、作業時間が短縮

拠点集約で賃料と人件費を削減

食材の宝庫三陸の海鮮をふんだんに使用し、料理人の愛情を注いだ海鮮料理を提供する中村家様。岩手県釜石市にある本店の他に、東京の髙島屋日本橋店内にも直営店をお持ちです。名物の三陸海宝漬は日本全国から注文が入るヒット商品。強みは北海道や関西など、その土地に合わせて味や食材を細かく変える調整力。そのため、三陸海宝漬の種類は現在130を超えます。
多品種の商品を、全国へ素早く正確に配送しなければなりません。しかし、原料と商品を保管する冷凍庫は自社だけでは足りず、他社様の冷凍庫も借りて点在する6ヶ所にて保管。そのため在庫管理が難しく、冷凍庫の賃貸料もかかるという問題を抱えていました。代表取締役社長の島村様は「商品を全て収めたくても現状はスペースがありません。また、ただ置くだけでは商品管理ができず、商品の保管と管理方法の改善を検討しました」と話します。
相談を受けたトヨタL&Fは、保管量の増加によって一つの倉庫への拠点集約が可能になる移動ラックを提案。「同じ倉庫で約3倍の量を保管できるようになり、保管効率がアップしました。また、1ヶ所で管理できることにより作業時間が短縮しただけでなく、倉庫の貸借コストと人件費の削減にもつながりました」と島村様。

作業効率アップで出荷量が増加

保管量は増加しましたが、それで全て解決ではありませんでした。島村様は「次に、130種類以上もある商品の管理方法に悩みました」と話します。そこで、トヨタL&Fは運用面にも入り込み、効率の良い商品の入出庫方法を提案。「ラックを納品するだけでなく、商品の回転率や年間の出庫数からシミュレーションもしていただきました。その上で、棚にナンバーを貼って商品の配置を決定。おかげで商品を探す時間が削減でき入出庫時間が短縮しました」と話す島村様。
また、小回りの利くリーチタイプ電動フォークリフトのジェネオR(冷凍・冷蔵庫仕様)も導入。「これまでは、奥の商品を取り出すためにまず手前の商品を取り出していましたが、移動ラックとジェネオRとの連携で商品の入出庫がスピーディーになり、出荷量の増加につながりました」と高く評価。
マイナス30度という冷凍庫内での作業のため、従業員の健康面を第一に考えると素早く安全に作業することが大切。「社員が安全に効率的に働くためには、それなりの設備が必要です。今回の移動ラックとジェネオRの併用効果には、とても満足しています。自分が現役のうちにもうひとつ冷凍施設をつくりたいと考えておりますので、その際はトヨタL&Fさんにご相談したいですね」と最後に島村様は語りました。

移動ラックとジェネオR(冷凍・冷蔵庫仕様)との連携で作業効率、保管量アップ。

ラックの棚に番号を付け、地域ごとに分けて保管することで、探す手間が省けました。

レールレス式なので倉庫内のフラットな床面を実現。小径タイヤのリーチタイプフォークリフトでも自由自在に通り抜け可能。また、埃が溜らず衛生的です。
トラックヤードから冷凍庫内まで、小回りの効くジェネオR(冷凍・冷蔵庫仕様)で素早く入出庫作業を行います

L&F Staff Voice

須貝 直起さん

トヨタL&F岩手株式会社
三陸営業所 所長
(兼)宮古営業所 所長

攝待 太一さん

中村家様は自社だけでなく他社様の冷凍庫も借り、6ヶ所で商品を保管していたため在庫管理の難しさや倉庫の賃料で、お悩みでした。ひとつの倉庫に集約し、保管量アップと在庫管理の改善を図りたいとのご相談があり、移動ラックの導入を提案。保管量は約3倍に増加しましたが、商品点数が多いためラックの活用方法に関してもご相談をいただきました。そこで、ロケーションごと、パレットに日付を入れる管理方法と共に、小回りの利くジェネオRの導入もご提案。ラックとフォークリフトの併用で、素早く安全に作業ができるとの評価をいただきました。今後も引き続き改善につながる様々なご提案をしていけたらと思っております。