疲れにくい快適性

人間工学による数cmのこだわり

踏み台昇降運動をした際、終わりが近づくにつれて足が上がらなくなりつまずきそうになったことはありませんか?頻繁な乗り降りが避けられないリーチタイプフォークリフトでの作業は、まさに踏み台運動。GENEO-Rでは従来車に比べてフロア高を6cm下げることで、乗降する際の大幅な軽減を可能としました。たかが6cmですか?されど6cmです。
「夕方になっても乗り降りがつらくない。」
お客様の喜びと驚きの声こそが6cmの真の価値を表しているのかもしれません。


乗降性、居住性からフロアの高さ広さまで人間工学に基づく快適性向上に対するこだわり

乗降性、居住性 〜フロア高さ・フロア広さ〜

操作性 〜ステアリング〜